白髪染めシャンプー

11 2月

ヘアカラートリートメントもシャンプーの際にも使えますが、いったんタオルドライやドライヤーで簡単に乾かしてからトリートメント剤を塗るという手順のものが多いですね。寒い時期にはなかなか髪を乾かしたりまた更に洗い流すなどの手順が、面倒くさかったり案外時間がかかってしまったりするものです。

シャンプーとヘアパックがセットになった「黒耀」は白髪を染めつつ抜け毛予防が実現できる白髪専用のシャンプーです。髪や頭皮に負担をかけずにできればムラなく白髪が目立たなくなるのが理想でしょう。

時間はゆっくりかかってしまいますが、ひと月ふた月と黒耀を使ううちに白髪が目立たなくなって自然な髪の色になっていきます。髪に浸透していく色素は天然染料100%。低刺激で無香料無着色のシャンプーですから肌の弱い人でも安心です。

白髪染めだと薬効が強くて逆にトラブルを招いてしまう人やトラブルが怖くて白髪染めをあきらめていた人の問題をクリアした新感覚の白髪染めです。使用されている色素の紫紺やシャリンバイ、ログウッドなどは髪本来の自然な色を発色させる自然染料です。

参考サイト

白髪染め おすすめサイト

 

天然の色素は髪を染める効果とともにフケやかゆみの原因である頭皮汚れを清浄する作用もあるといわれています。また頭皮をいたわり栄養を補給するダイズやセンブリなどの漢方生薬の働きで、頭皮の健康を守るだけでなく白髪予防にもつながるというわけです。

生薬はメラニン色素を刺激するので髪を黒くする機能を高めることもできるのです。ただし黒耀はヘアパックとの併用で本来の効果を発揮します。なのでシャンプーだけの使用で白髪が目立たなくなる時間がかなりかかってしまいますね。

どうせならシャンプーできれいに洗い流したあとに、ヘアパックで同じように頭皮のケアと染毛をするのが「きれいな自然な色の髪」への早道ではないでしょうか。

mokumokuto

11 2月

美容院でも市販でも白髪染毛剤よりかヘナを手に取ってしまう私にとっては、ちょっと気になる「頭皮用化粧品mokumokuto」。白髪の植物染料だけどあえて化粧品として登録をしているということは、人体へのリスクを使用していないという安全安心の保証がされている染毛剤だということですね。

ケミカルヘナなみに時間がかからず、かといって頭皮まで染まってしまうということもなく、退色しづらいというのはすごく魅力。植物染料って空気に触れると酸化して色が出てくるのですが、専用水のトリートメントローションというお助け機能がさらに染色を引き立たせているとか!もちろん化学薬品は不使用です。

かぶれや粘膜の炎症、染毛中の呼吸困難などもNo!problem…です。さらには植物由来の天然コーティング剤・ローソニアが髪の表面をコーティングして傷んだ髪や弱った髪を修復する働きをします。ただ覆っただけだと栄養補給が間に合わないので配合されているコラーゲンが髪を滑らかにしてきしみ感をなくしてくれています。

ヘナやアムラ、ダイズ、ラベンダーなど13種類の天然植物成分がそれぞれの機能を十分に発揮して健康で美しい髪をサポートしてくれるらしいのです。念のためパッチテストを行ってからノンリンスでシャンプーを行ないタオルドライの後に、mokumokutoと専用水、お湯をマヨネーズ程度に混ぜ合わせて髪に塗っていきます。

やや多めのペーストを髪の毛にのせるイメージでコーミングはしないほうがいいそうです。塗り終わったらラップをまいて専用のヒートキャップを使って30分以上加温します。加温のあとラップのまま15分程度クーリングして、洗い流してからシャンプー&リンスの手順で行います。この手順なら普通のトリートメントカラーや染毛剤と変わらないので面倒くさくもなさそう。試してみる価値あり!です。

白髪隠し

11 2月

急な外出などで事前に準備ができていないときってありますよね?洋服や持ち物、メイクは何とかなっても、髪ってどうしていますか?

しばらく髪を切っていなかったとかパーマが伸びちゃって…とかいろいろあるのですが、鏡を見てまず目が行くのは白髪ってことないですか?特に生え際や分け目。伸びてきた髪をとりあえず結ぼうとまとめたら、生え際の白がかなり幅をきかせていることもアリ!です。

時間がないのでさっとひと塗りでこの時だけカバーできるもの…無添加利尻白髪かくしが人気です。カチッとノック式で手も汚れず、洗い流しもいりません。染毛剤が刷毛の部分に出てくるので、乾いた髪の白い部分に使います。

何にもつけていないほうが色が入りやすいようです。塗り終わったら乾かします。数分程度で乾くはずですので、そのあとセットをしてください。利尻ヘアカラーと同様に天然の利尻昆布エキスが配合されていて、髪の健康や美しさを大切にしながら白髪をカバーしていきます。そして使うたびに髪の表面につくので白髪を自然にきれいな髪の色へと変えてくれるのです。

白髪のカバーがメインでしょうが、色素はシャンプーをしても髪に残るので徐々に白髪が目立たなくなるというわけです。特有のツンとした匂いもないし、乾きも早いので急いでいるときも便利ですね。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻白髪かくしがセットになってお買い得だと人気のようです。髪や地肌への栄養をきちんと補給しながら髪を染めていく2つのすぐれものをセットでゲットしたほうが断然お得感がありますね。

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

11 2月

レフィーネがさらに髪と地肌にこだわって作ったのがスカルプケアもできるレフィーネヘッドスパトリートメントカラーです。

レフィーネの「やさしい効果」はそのままに白髪が染まって、健康な髪をキープできてさらに頭皮ケアをすることで、地肌ストレスを解消して細くてボリュームのなくなってしまった髪を本来の美しさへと導いてくれます。

ヘッドスパは美容院やサロンでもやっていただくことができますが、自宅に居ながらにして日々のお手入れに取り入れることができれば、きれいな髪の維持が実現可能ですね。頭皮のマッサージを行うことで頭皮の汚れをきちんと落としてきれいにして、血行を促していくと髪は健康な状態をキープしやすくなります。

トリートメントの効果はそのヘッドスパにも影響するので、ヘッドスパを日常的に行うことは「美しい髪」への早道なのだということです。スカルプケアの一番のお仕事は頭皮汚れを一掃することでしょう。頭皮、毛穴の汚れは思ったよりもしつこいと言われています。

フケや皮脂が毛穴に残ったままになると、髪のトラブルの原因となりますね。ドイツの火山灰、ドイツファンゴを配合したレフィーネヘッドスパトリートメントカラーは泥の力で頭皮の汚れを細部までしっかりと吸着します。

そして火山灰が含む天然ミネラルが地肌と髪をしっかり保湿します。ナチュラルカラートリートメントとも混ぜ合わすことができるカラーは全部で4色。同様にほかの色同士を混ぜ合わすことも可能です。トリートメントしながらマッサージで健康なきれいな色の髪をキープし続けたいですね。

レフィーネナチュラルカラートリートメント

11 2月

白髪が染まっても髪が傷んでいてはどうしようもない…という人が大半ですね。ついつい手軽にできる求めやすい白髪染めに手を出しがちですが、地肌にやさしいということは髪にもやさしいということ。

そして環境にもやさしいということにつながります。ユーザーが安心して使えるものをというコンセプトで生まれたのがレフィーネです。髪を傷めずにきれいな仕上がりを実感できる商品です。髪のツヤは健康のバロメーター。

つややかなコシのある髪をキープするためにドイツの毛髪技術と専門知識を採用しています。クリームタイプで素手にそのまま使える使いやすさにもこだわっています。使い切りサイズではないので繰り返し使えるし髪が気になった時にいつでもOK。

美容室でカラーリングした髪の色もしっかりキープ。トリートメントと白髪染めなので、シャンプーして塗っておくだけでカラーリングとヘアケアが可能です。香りもリラックス効果のあるくちなしのアロマが使い心地をさらによくしてくれますね。

ヘアカラーのあとのきしみ、ごわつきも感じられません。美容院にゆっくりいけない忙しい世代にはありがたいトリートメントですね。カラーは全部で7色。オレンジやオリーブなどの多彩なカラーがそろっています。またその7色を混ぜて自分の好きな色を調合できるのも魅力。

混ぜても心配がない染料を使っているからこそできる楽しみ方ですね。そしてお財布にもやさしい増量エコパックも登場しました。たっぷり使えてお得感も!使うたびにきれいな髪の色をますます輝かせて、健康な髪を演出してくれるのはレフィーネの力でしょう。

ナイアードヘナ

11 2月

生協のチラシに載ってて使い始めたのがきっかけで、時間のある時はヘナ染めも試しています。実にヘナ染めと言われる商品はとても多く出回っていますが、多くはヘナが配合されている染毛剤に近いもの。

普通の白髪染めより少々高価で同じくらいの時間で染まるものもありますが、成分自体が化学物質の染毛剤と同等だったりするのであまり使う気にはなれませんね。ヘナはアーユルヴェーダの流れをくんだインドなどの植物からできた染料が原料です。

ナイアードヘナもオレンジが基本色となるヘナにインディゴなどのほかの植物を配合させて、茶褐色や黒い色にも染毛できるようになっています。時間がかかるので本当に余裕がないとなかなか腰を上げることができませんが、髪や地肌を傷つけないというところが気に入っています。

「草の匂い」がだめ!という人もいますが私はそんなに気にならないほう。髪がきしむという人もいますが気になるならすすぎの時に軽くトリートメントをしてあげても大丈夫です。使ううちに髪がきしむというよりはむしろ髪にツヤやコシが出てくる感じです。

時間がなくて美容院や市販の毛染めもありですが、髪の色の持ちはヘナのほうが浸透している感覚が強く、ヒリヒリしたりすることもないので安心して使える気がします。ヘナの粉末を溶いて練って養生させて使います。この時すでに数時間おくのでそのあと髪に直接塗って、1時間もしくは2,3時間おくと4,5時間は費やすことになります。

またすすいだ後もしばらく「草の匂い」があるのでイベントのために染めるのであれば余裕をもって染められるといいでしょう。友達のMさんはヘナを使い出したらほかの染毛剤では安心できないと言っています。髪や地肌にトラブルをもっていた彼女にはとても使い心地がよかったのでしょうね。

白髪染めのブログ

11 2月

白髪染めのブログを紹介します。

白髪染めの種類と評価

白髪染めのクチコミ

白髪を予防

白髪染め

人気の白髪染め

気になる白髪

相互リンク

レンタカー活用ガイド

SEO対策のための相互リンク集 MugenLinks

ビーグレン

歯のクリーニング・ガイド

美ジンジャー

プロペシア@情報館

SEO対策相互リンク集

X-xenical Web

中古住宅購入の知恵袋

新規ホームページ登録

カードローン 銀行

グーグル上位表示の被リンク対策相互リンク